ペニスの鍛え方

ペニスの鍛え方

バイアグラなどのED治療薬はED改善に非常に効果がありますが、ペニスが弱っているとやはりEDになりやすくなります。ペニスを鍛えることの相乗効果で痺れるような快感のセックスを体感してください。

 

精神的なことを除けば、体は健康的なことに越したことはありません。
バイアグラでEDを防止しても、ペニス自体が弱っていますともっといい効果を発揮できないときがあります。
日ごろから少しずつでもペニスを鍛えるようにすればもっと元気なペニスが蘇ります。

射精筋を鍛える

射精筋というのは射精の勢いを決める筋肉です。

 

若くて元気な時、射精時のオーガズムと同時に勢いよくピュッと射精し、その後2回目3回目も勢いよくピュッ、ピュッと射精した経験があると思います。しかしこれが弱ってくると1回目はある程度ピュッとなりますが、その後タラーと勢いがなくなってきます。もう少し弱ってきますとタラタラーと勢いはなくなり快感も大幅に失われます

 

この現象は男性もまだ精液が残っているような感覚ですが、女性も感度は落ちるようです。
射精時、亀頭が非常に膨らみ大きくなります。この感覚は女性のほうが鋭いそうです。

 

射精というのは筋肉の収縮によって起こるのですが、射精に直接関わっている筋肉は前立腺を構成する平滑筋群とペニスの根元を取り巻いている球海綿体筋の二つです。

 

鍛えられる筋肉は球海綿体筋で、この球海綿体筋というのはペニスの根元にある尿道球と呼ばれる部分を取り巻いている筋肉で、尿道まで到達した精液をさらに加速して尿道口まで送り出す補助ポンプの役割をしています。

 

この筋肉は意識的に動かすことができるため、ここを鍛えれば射精の勢いを取り戻すことが可能だということです。。

 

射精時に起こるオーガズムは球海綿体筋の収縮と密接に関係しています。
球海綿体筋がリズミカルに力強く収縮することによって心地良いオーガズムを感じるのです。
めくるめく快感を取り戻すには、球海綿体筋を鍛えて収縮力を強化することが欠かせません。

球海綿体筋を鍛える

球海綿体筋は肛門の前2〜3センチくらい前にあります。
この球海綿体筋を感じるには肛門を締めて下さい。陰嚢の付け根を指で押さえながら肛門を引き締めてみると、ピクピク動くのがわかります。これが球海綿体筋です。

 

球海綿体筋の重要な働き

 

 球海綿体筋を引き締めるたびに勃起力が増してペニスは一段と固くなり、角度も上向きに跳ね上がります。
 もともと球海綿体筋はペニス根元を引き締めることで血液の戻りを阻害し、勃起力を増す働きがあります。

 

トレーニングパターンは2種類

 トレーニングパターン1

 

球海綿体筋の場所がわかったら、それを意識しながら2秒程度ギューッと収縮させてみて下さい。
収縮させてはまた緩めることを30回程度繰り返します。

 

 トレーニングパターン2

 

今度は球海綿体筋を30秒間ギューッと収縮させてみて下さい。

 

 

※弱っている方は30秒は難しいので、10秒でも15秒でも出来るだけ頑張ってやってみてください。
最初は短くても、筋力がついてきたら次第に長く出来るようになります。
これを1日3セットやってください。

 

 

トレーニングを効果的にするためのアドバイス

   1.鍛える筋肉を意識する。
   2.収縮を長時間持続させる。
   3.息を止めない。

 

 

どうですか?これならお金もかからず、いつでもどこでもやる気さえあればできます。
通勤途中でも、勤務中でも、自宅でも立ってても座りながらでもいつでも出来ます。

 

これでペニスの強化をはかり、勃起の強化の準備が出来ました。
さらに痺れるようなオーガズムも手に入ります。

 

『継続は力なり』です。
努力は必ず実を結びます。頑張ってください。

間違った鍛え方

世の中には「ペニスを鍛える」という街伝説のトレーニング方法がいろいろありますが、どれもたいへん危険なのでけっして試みてはいけません。
たえとば、冷水と熱いお湯を交互にペニスにかけるいわゆる金冷法や亀頭の乾布摩擦などです。
他にはペニスを棒などでたたき鍛えるというものです。

 

亀頭は陰茎海綿体に糸のように細い動脈血管が張り巡らされている、たいへんデリケートな器官です。こういった外部からペニスに強い刺激を与えるのは鍛えるのではなく痛めつける方法なのでこういういう発想はどうかお止め下さい。逆にペニスを痛めてしまいます。

 

 

陰茎増大効果と精力増強効果のある【ビグレックスプラス】
通常服用する健康サプリメントとしてこちらもお試しください。